公益財団法人 千葉県体育協会

はやま こうじ 羽山孝二

羽山孝二

1922年~2001年
千葉市出身

【主な経歴】

昭和38年 千葉県教育庁体育課長
昭和39年 千葉県体育協会理事長
昭和49年 千葉県体育協会常務理事
昭和56年 千葉県体育協会副会長
昭和58年 千葉県体育協会事務局長
昭和59年 千葉県水泳連盟会長
平成 9年 千葉県剣道連盟会長

【功績】

千葉県が初めて国民体育大会若潮国体を実施する昭和48年に向け、その誘致から大会終了まですべてに関わり、大会を築き上げた第一人者である。特に昭和45年からの4年間は国体局競技課長を併任し、大会成功に向け、強いリーダーシップを発揮した。また、県体育協会副会長・常任理事・事務局長を歴任し、体育協会の発展に尽力するとともに、県水泳連盟会長、県剣道連盟会長を務めるなど本県スポーツの発展に貢献した。

閉じる