公益財団法人 千葉県体育協会

こばやし きんいち 小林金市

小林金市

1907年~1993年 
千葉市出身

【主な経歴】

昭和20年 千葉医科大学付属専門部教授
           兼学部講師
昭和21年 千葉県野球協会常任理事
昭和23年 加藤病院院長・理事長
昭和29年 千葉県野球協会会長
昭和31年 千葉県体育協会監事
昭和37年 千葉県体育協会副会長
昭和47年 千葉県教育委員会委員長
昭和52年 千葉県医師会会長
昭和53年 日本医師会理事

【功績】

戦後、医師を務める傍ら千葉県野球協会及び千葉市体育協会の設立・組織化に尽力され、会長としてリーダーシップを発揮された。
千葉県体育協会においては、副会長、監事、顧問として生涯にわたり本県のスポーツの振興に寄与された。副会長としての在任中は、特に、昭和44年の財団法人化や若潮国体の誘致・開催に尽力された。

閉じる